ネットワークカメラ取付穴用の治具を作ります。
取付対象が石膏ボードだと直接ねじ止めできないから、先にアンカーボルトを埋め込みます。そのための正確な位置取り用治具です。

ベースをノギスで採寸してモデリング。
そして5mmのポリカ板を切削。

これが今回のネットワークカメラ。

ベースと冶具。

重ねるてみると…

ピッタリ。

口のようになってるのは、カメラの前方位置が分かるように。

これでうまく取り付けできそうな気がしてますけど、いざ実践してみたら使えね~ってことになるかもしれないから本番前に一度試してみたい。
バックヤードに石膏ボードってなかったかな…