LCDがピンソケットだけの片持ちだったので反対側を支えるかたちの台を作りました。

試作で支える台部分を作り、LCDを取り付けてからLCD用の穴位置を採寸して本番をプリントしました。LCD用の穴は、ABSへの3mm直タップです。締めすぎに気を付ければ有効な方法です。

めずらしく2回のプリントでピッタリきました。
ABSだから100.7%サイズでのプリントを忘れずに。

I2CでLCD表示と3個のタクトスイッチ押下の処理をするユニットです。
単純にLCD表示したり、プログラムのデバッグにも重宝します。
USART通信を追加するのもいいかな。それはまたヒマな時のでも。。^^