あさっての方向を見たまま止まってしまったカメラ…

TENVIS JTP3815W
5千円前後でパン・チルトができるカメラなんて当時これくらいだったと思います。

久しぶりにAmazonにあるネットワークカメラのラインナップを見ると結構な品数が出品されてます。
ひと通り眺めた後、購入したのは…

TENVIS TH661D

悩んだ結果また TENVIS にしました。
でもTENVISには注意しないといけないことがあるんです。
かなり前から日本で販売しているのに未だに技適マークが付いてません。
今回購入の商品にもやっぱり付いてなかったです。
そもそも取得する気がないのでしょう。
技適マークの詳しい内容はリンク先を見るか、Wikipediaなんかで調べていただければ分かると思います。
ようは技適マークが付いてない無線機器を使って無線を使用すると、その使用者が罰せられることがあるのです。それも結構重い罰です。知らなかったでは済まされないことになりかねるので国産品ではない無線機を買うときは気を付けましょう。

ボクは有線接続で使うので技適は問題ありません。
念のために設定でもWiFiをOffにします。

使ってみて思ったことは、
マニュアルが簡素過ぎて分かりにくいです。それにスマホでの設定方法しか書かれていません。詳細な設定をするにはブラウザからのアクセスが必要だと思うのですがその説明は一切ありませんでした。
初めてネットワークカメラを使う人には、ハードルが高いと思います。

でも使い慣れた人にとっては色々使えて良い商品だと思います。
特に前機種からの大きな改善点として、広角レンズになっているところは素晴らしいです。壊れてないカメラも買い替えたくなりました。
それとONVIFという規格が追加されてました。
この規格に対応した汎用アプリがあればカメラとつながります。
今までLiveCapture3という国産の素晴らしいアプリを使わせていただいてきましたが、どうしてもこのカメラに接続することができませんでした。色々探した中でMicrosoft Storeで見つけたアプリ IP CENTCOM がこの規格に対応してたのでインストールしてみましたが今のところ使い安い良いアプリです。
Microsoft Store も覗いてみると良いアプリがありますね。^^

どの機器も壊れないのが一番だけど壊れることで新しいことに触れられるのは悪くないのかも。。