近頃暑くなってきたのでDG-STK3に取り付けたファンの効果を見てみます。

動画ファイルのエンコード。
CPU負荷ほぼ100%で約3時間半処理し続けた結果です。

最高温度が61℃になってます。
ファン取り付け前は、真冬の中数分で70℃を超えましたから3時間半でこれなら十分な効果でしょう。
クロック周波数は、Max1833MHzで処理中1583MHzとなってますが、実際に1833MHzで動作してるのを見たことがないので、最後まで頭打ち無くCPU Maxで処理されたということでいいと思います。

ファンが爆音だから室内では使う気しないけど、何か対処したほうがいいのは間違いないかなと思います。