数年前から Raspberry Pi の立ち上がりがとっても遅いんだけど、最近さらにひどくなってる気がします。

vmstat で確認してみるとこんな感じ。

cpu負荷がずっと100% (us + sy)です。

原因はタイトル通りOctoPrintで、pip version とか pip install とかやってるみたい。
この時はブラウザからOctoPrintを見に行っても表示されません。
これも10分くらい放置すると落ち着いてきてプリントできるようになります。
なのでずっと我慢してプリントしてきましたがとうとうプリントにまで影響が出てきました。

あるときからこんな状態になってしまいました。

その時はノズルをずっと換えてないからきっとノズルだと思い換えてみたりしました。

確かにひどい状態です。^^;

ヒートブロックは汚いですけどノズルは綺麗になりました。
だけどプリントは改善せず。。

ある時、プリント中にcpu負荷が 100% に張り付いてることに気が付きました。
プリント中でも pip version とか pip install とかやってるみたい。
これによって流れるように移動するところが小刻みに移動し、プリント表面を荒らしていたようです。

Raspberry Pi B+ だからということもありますが簡単にPi3に変えることもできないのでなんとか対処してみます。

まずWebcam止めます。これもそこそこcpu食います。
プリント状況を見るのが好きだけどグッと我慢します。

あとプラグインを無効にします。
Announcement Plugin
CuraEngine
Printer Safety Check
Software Update
たまに有効にして通知とかアップデートを確認すればいいかなと。。

この状態でプリントすると

小刻みに移動することなくスムーズにプリントできました。
たまたまかもしれませんけど…

これで暫く様子見てダメならB+をアップグレードかな。
ちかごろROCK64が気になります。