これまで使っていたスライド式のテーブルソーをばらしていきます。
すでに主は去ってしまったのでスライド機構の部品を外すことが主な作業です。あっ、それとお片付けと…^^;

この散らかったモノたちを移動させます。

サッパリしました。^^

スライド機構は戸車とベアリングを使ってました。

以前は定番のアルミチャンネルを使ってましたが、どうしても遊びが出てしまうので、板材をベアリングで挟むことでクリアランスの調節ができるようにしてました。

この頃にはCNCなんてものは無かったので戸車の埋め込み部分は鑿で掘ってたんですよね。
ばらしてしまうと、ちょっと寂しくなります。

天板も外して骨組みだけになりました。

いったんここまでにして、これにベニヤ板載せて即席の作業台を用意。

さっそく鎮座しているのは、フレームとなるアルミ押出材です。
設計通りの注文ができていたのかとっても不安ですけど、
開封、組み立てへと進みます。