サイクロン集塵機をつくります。
新たに粉塵回収用サイクロンを設計したものがこちら。

以前ものづくり文化展に投稿したものは4連サイクロンでしたが、今回は6連にしました。これをノーマルサイクロンの上に挿す形にして吸引経路の最適化を図ります。

3Dプリンターと単管パイプCNCをフル稼働させてパーツをプリント&切削していきます。

右側のサイクロンはAmazonで買いました。以前はこれを自作してましたが今は3,000円以下で手に入ります。
これらを組み立てていきましょう。

こっちは木工用ボンド。
こっちはシリコンシーラント。シリコンシーラントが余ってたのであまり考えずに使用しましたが木や樹脂とは相性が良くないかも。ミニサイクロンをねじ止めできるようにリブを付けておくべきでした。
粉塵回収用サイクロンが出来ました。

ノーマルサイクロンの集塵ボックスにはペール缶を使うのでフタを作ります。

18mmのランバーコア材を6mmトリマビットで15mm掘り下げて…
1/8inchエンドミルでサイクロンを取り付ける穴を開けて、最後にフタを切り出します。
フタとペール缶のシール材に、3M スコッチ玄関ドア戸あたり波型テープを使ってみました。本来の使い方ではないですけどなかなかのチョイスだと思います。

全てを組み合わせると

ミニサイクロン用集塵ボックスのペットボトルがまだ準備できてないんですよね。おーいお茶280mlを6本飲み干さないといけないので…