充電式掃除機はいつの日か電池の寿命がやってきます。
メーカーのスタンスは電池交換はせずにユニット交換なので電池の寿命イコール掃除機の寿命となります。ウチのも弱ってしまったので新しいユニットを購入しました。

なかなか潔く書いてはいますが、ホントはどうにかならないかとネットで調べたりもしました。自分でリチウムイオン電池交換の記事もありましたが、さすがに危険がいっぱいです。
なのでモーターだけを摘出してリユースしてみることにしました。

動作的には12V電源をDC-DCで降圧させるだけで使えそうです。
定格までは分からないので音で判断することにします。(適当…^^;)

モーターを摘出。
予想はしてましたがフィルターではとらえ切れない粉塵がかなり回っております。

配線を切断して軽く掃除し、切断した配線を延長しときます。
このままでは使えないのでハウジングを作っていきます。

塩ビ管呼び径30のTSソケットを真っ二つに。

設計したまま切削。

そして切削。。

切り離し。
この後、ルーターテーブルで角を取っておきました。

真っ二つにしたソケットを圧入。

ボンドで張り合わせて…

ダボを贅沢に…

使ってるのはダイソーさんのダボ。
少々バラつきはあるけど40本入って100円(税抜)はお安い!!

少しの割れはありましたがボンド無しでもガッチリです。

上から…

ウチにあるサイクロンたちは呼び径30の塩ビ管を使ってるのでこんな風に取り付けることが出来たりします。できればもっと小型のサイクロンを作りたいところ。構想はあるんですけどね。

降圧DC-DCも自作しようかと思ったんだけど、ebay見てるとお手頃なのがゴロゴロ見つかるので今回はebayで注文しときました。なかなか届かないのですけどね。^^;
到着したら降圧DC-DCの取り付け考えて完成させます。